2022年2月1日 更新

【神明流】炊飯の秘訣とは

お米の神明の社員は「まず米の炊き方から教わる」といっても過言ではありません。神明流炊飯の秘訣をお教えします。

81 view お気に入り 0
お米の神明ならではの社員研修といえば【炊飯研修】
入社したらまずお米の炊き方を習うくらい当社では重要な研修です。

炊き方といっても、気を付けるべきポイントがいくつかあります
さっそく試せる【神明流炊飯の秘訣】をお伝えします!

米の研ぎ方

お米を研ぐうえで特に大切なことは、
【最初の水はとにかくすばやく捨てること】

袋から出した米は乾燥している状態なので、すごい勢いで水を吸収します。

はじめの研ぎ水は、最も糠(ぬか)が多く含くまれた水なので
できるだけ米が吸水しないように、手早く水を替えましょう。
最初は水を入れて捨てるだけで、2回目から米を研いでいきます。

こうすることで、炊き上がりの「ぬか臭さ」が抑えられます。

米を研ぐ時は、軽くかき混ぜる程度で十分です。
「研ぐ」といいますが、強くこすってしまうと米が割れてしまいます。
それを3~4回繰り返せば洗米完了です。
 (688)

水分量もポイント!

神明おすすめは、水の量は米の重さに対して【1.45倍】としています。

例えば…
米1合(150g)に対して、水は150g×1.45で217g

社内で炊飯するときは、
毎回はかりを使って米と水の重さを量っています

毎日の炊飯で驚くのは、同じ品種の米を同じ量の水で炊いても
同じ味にはならないこと。

洗い方によっても味は変わってきます。
水の量が10ml違うだけでも、食感は大きく変わります。

そうなると家庭で炊くごはんの味や食感が、日ごとに変わるのにも頷けますね!
 (690)

お米は奥深い!

そのほか、米を漬け置きせずに炊いてみたり
2種類以上のお米をブレンドして炊いてみたり
いろいろな品種をいろいろな条件で炊飯して食べ比べてみるのも面白いですよ

 (694)

コーヒーやスパイスのように
お米もそれぞれの品種の特性を知れば、
長所が掛け合わさって
1種類で炊くよりもおいしくなったり、より料理に合った炊き上がりになります。

炊飯ひとつとってもお米は奥が深いです。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

秋鮭ときのこの炊き込みごはん

秋鮭ときのこの炊き込みごはん

食欲の秋、旬のおいしい素材をたくさん詰め込んだ炊き込みご飯はいかがですか?
編集部SUNA | 20 view
勤労感謝の日には・・・

勤労感謝の日には・・・

11月23日は勤労感謝の日。ですが実はお米の収穫を祝う日でもあるんです。 そんな11月23日にまつわるお話をご紹介します。
編集部KAREN | 59 view
あなたは大丈夫?お米の防虫対策チェック

あなたは大丈夫?お米の防虫対策チェック

お米に虫がわいていた!そんな経験ありませんか? お米は農作物のため、購入した時の状態で保管しておくとどうしても虫が発生することがあります。 そのままの放っておくと別の食べ物にも発生したり、品質の劣化にもつながることも・・・。 これから本格的な暑さが始まる季節の前に、おうちの防虫対策を見直してみましょう。
編集部KAREN | 3 view
メバルの煮付け定食

メバルの煮付け定食

春が旬の「メバル」の煮付けをメインに、山菜や野草など旬の食材を取り入れた献立です。
編集部KOBA | 51 view
ミラノ風カツレツ定食

ミラノ風カツレツ定食

いつものとんかつも衣にチーズを加えるだけで「ミラノ風」に!フレッシュ野菜のソースを添えてどうぞ。
編集部KOBA | 44 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

編集部SUNA 編集部SUNA
TOP